沖縄の真栄田岬・北谷・砂辺・青の洞窟ダイビングは
よんな~海!

沖縄の海を満喫したい方へ

沖縄の海を
満喫したい方へ

沖縄中部を中心に年中楽しめるマリンスポーツをご提供。
ダイビングライセンスの取得から、体験ダイビング、SUP(パドルボード)など、沖縄を満喫できるメニューをご用意しています。

ゆったり過ごすマリンアクティビティ

ゆったり過ごす
マリンアクティビティ

よんなーとは、しまくとぅば(沖縄方言)で「ゆっくり」や「のんびり」といった意味。沖縄のゆったりとした空気を味わいながら、沖縄ならではの青い海や色とりどりのサンゴ、南国特有の熱帯魚にたくさん触れ合ってください。
非日常的な世界で肩の力を抜いてリラックスして遊びませんか?

ショップメニュー

ダイビングライセンス取得 ダイビングライセンス取得

ダイビング
ライセンス取得

ボートダイビング♪ボートダイビング♪

ボートダイビング♪

体験ダイビング 体験ダイビング

体験ダイビング

体験 SUP体験 SUP

体験 SUP

ACCESS

ダイビングショップよんな~海

〒904-0113
沖縄県中頭郡北谷町宮城1-633

qr-code

LINE@ でも
ご予約・お問い合わせ
可能です!

line友だち追加

ダイバーに人気の真栄田岬!
真栄田岬でダイビングがお勧めの理由とは?

真栄田岬で大人気のダイビングスポットと言えば青の洞窟です。まだ行ったことがない方でも、ガイドブックやパンフレットなどで、その美しい景色を目にしたことがある方も多いのではないでしょうか。ここでは、真栄田岬でダイビングがお勧めの理由についてお届けします。是非、ダイビングに行く際の参考にしてみて下さいね。

真栄田岬ってどんな場所?

真栄田岬の街の特徴

沖縄本島には、多くの絶景ポイントがあります。その美しさを海上から眺めるだけでも素敵ですが、間近で海中からも絶景を堪能出来るのは真栄田岬だけです。交通アクセスも良いので、地元人にも非常に人気の高いヒーリングスポットでもあります。真栄田岬は、本島中部の西海岸に位置しており、サンゴ礁の台地です。隆起サンゴの岬先端には大きな岩がそびえ立っており、その真下に本島屈指の透明度を誇る美しい海とサンゴ礁が広がっています。崖の上から海を見渡しても、リーフの浅瀬が落ち込んでいるのが見て分かり、これが多くのダイバーを魅了する理由となっています。ダイバーに人気のツバメウオ、チョウチョウウオ、スズメダイ、クマノミなど、魚の種類も本島随一です。また、真栄田岬に来たら必ず訪れて欲しいのが青の洞窟です。幻想的なコバルトブルーの海は何とも言えない神秘的な光景で、一度その景色を見れば一生忘れることの出来ない素敵な思い出になるスポットです。連日多くのダイバーで賑わっている場所で、カヤックで行くことも可能です。景色だけを楽しむツアー開催されており、楽しみ方は色々あります。また、真栄田岬のさらなる魅力が発揮されるのが夕方で、映画やCMなどでも使われる場所なので、ここで見るサンセットは格別です。さらに、夜には満天の星空と夜光虫を楽しめ、キラキラと光る海の光景を楽しむことも出来ます。

ダイビング以外の観光も楽しめる

真栄田岬の青の洞窟は、沖縄本島の中央に位置する恩納村にあります。青の洞窟の周辺には、恩納村文化を知ること出来る恩納村博物館や恩納村文化情報センターなどもあります。また、恩納村はやんばる地方の入り口でもあり、昔から自然と人が共存した生活を送って来ている地方になります。なので、恩納村博物館に行くと、自然と人々の暮らしの歴史を知ることが出来、博物館の2階には、模型や映像資料が設置された展示室もあるので、恩納村とやんばるの歴史を学ぶことが出来ます。恩納村文化情報センターでは、国定公園指定の海を眺めながら読書を楽しめたり、恩納村を中心にやんばるに関する資料を読むことが出来たり、沖縄の面白い文化を知ることが出来ます。他にも、大型市場、恩納村の特産品、新鮮野菜、民芸品などを色々楽しむことが出来る街になっています。

真栄田岬で有名なダイビングスポット「青の洞窟」とは?

青の洞窟の魅力

真栄田岬の青の洞窟は、沖縄本島中央部である恩納村に存在します。洞窟とは言いますが、半分は海の中にある洞窟です。青の洞窟の最大の魅力は、何と言っても神秘的に輝くブルーの水面です。自然光が差し込むとさらに洞窟の水がキラキラ輝き、まるで緑の絵具を溶かしたような美しいブルーグリーンに見えたり、今にも吸い込まれそう深いブルーに見えたり、光の角度で変化する水色が多くの人を魅了します。青の洞窟は、朝、昼、夕方と時間帯で異なる水面の表情を見せてくれるので、その時々で違う美しさを楽しめることも魅力になっています。青の洞窟が多くのダイバーから人気がある理由は、こうした幻想的な青の洞窟ならではの風景にあると言えます。那覇空港から車で約1時間程度、恩納村エリアから車で約10~20分程度でアクセス可能です。周辺には琉球文化体験が出来る琉球村、軽食やお土産選びを楽しめる市場など、観光スポットも点在しています。

青の洞窟ではダイビングが人気

青の洞窟では、ダイビングなどのマリンアクティビティ体験が人気です。ダイビングでは、神秘的な海の世界を自分が魚になった様な気分で楽しむことが出来ます。ダイビング初心者であれば、ライセンスが無くても挑戦することが出来る体験ダイビングがお勧めです。体験ダイビングでは、しっかりインストラクターからのレクチャーやサポートが行き届いているので、安心して参加することが出来ます。海の世界に深く触れることが出来、海の中で水中の世界を思う存分味わい、幻想的な青の洞窟で色々な海の生物との触れ合いを楽しめます。

1年中ダイビングが楽しめる青の洞窟

青の洞窟が青い秘密

青の洞窟では、洞窟の中に入ると当然暗くなりますが、洞窟の奥まで進んで入口の方を振り返ると、何とも言えない美しい青の世界を目にすることが出来ます。この青の洞窟の神秘的青の世界と言うのは、外から洞窟の中に差し込む光によって、透明度の高い海水を通り抜け、石灰質の海底の白砂に反射することで、美しい青色の景色で染められるのです。光が差し込む角度や光量で景色の表情が変わるので、何度訪れてもその時々の絶景を楽しめます。こうした自然が作り出す世界と言うのは、実際に体験することでしか味わうことの出来ない感動があり、それが大きな魅力となって多くのダイバーを魅了しています。

冬でもダイビングが楽しめる

青の洞窟では、冬でもダイビングを楽しむことが出来ます。冬の時期は、この時期だからこそ出会える生き物を楽しむ醍醐味があります。海と言うのは、季節で出会える生き物が違がってきます。夏に出会うことの無いコブシメ、ウミウシ、グルクマなどが見れたり、夏場に比べ海に入る方も少ないので、ゆっくり生き物観察出来たりするもの魅力です。また、透明度の高さがグッと上がるのも魅力です。青の洞窟は、夏でも十分透明度が高いのですが、冬になると透明度がさらに一段と高くなります。水温低下でプランクトンが減ることも理由に挙げられますが、夏に比べてダイビンをする方が少なくなるので、自然のままの海を思う存分楽しむことが出来ます。そして、ゆっくり青の洞窟を楽しむことが出来るもの嬉しいポイントです。夏は繁忙期で多くのダイバーで賑わう青の洞窟ですが、冬はダイバーの人が減るので、ゆっくり海の中を楽しむことが出来ます。人が少なくなった冬の海と言うのは、ゆっくり自分のペースでダイビングを満喫することが出来る楽しさや面白さがあります。

真栄田岬の人気ダイビングスポットとは?

① 初級ダイバーから楽しめるスポット

青の洞窟

青の洞窟は、洞窟の半分が水に浸かっている鍾乳洞なので、潮の干満に関係なく水面水中の両方から簡単に入ることが可能です。奥行きは約50m、水深は入り口付近で最大7m、潮の干満により多少の増減ありますが奥に進むと徐々に浅くなり2m程度となっています。入り口が開けているので、差し込む太陽の光がまるで光のカーテンのようになり、美しいブルーの景色を生み出します。洞窟内の白砂に反射して水面を照らすので、天井までブルーライトで照らされている様な神秘的な空間を魅せてくれます。また、水中の最奥から振り返って入り口方面を見渡すと、青の光で洞窟内が満たされた絶景を堪能することが出来ます。洞窟内には、リュウキュウハタンポやアカマツカサが生息しており、夏には大量のハタンポの幼魚の群れを見ることも出来ます。

ミニ洞窟

ミニ洞窟は、青の洞窟より北東に移動した場所にあります。クレパスが小さな洞窟の様になっており、入り口の横幅は狭くて、奥に進むにつれて広がる空間になっています。奥行きは10m弱、最大水深は4m前後とコンパクトなダイビングポイントです。常にクレパスから太陽光が差し込んでおり、光のシャワーを浴びている様な綺麗な景色となっています。アカマツカサの群れを見ることが出来ます。

② 中級ダイバーから楽しめるダイビングスポット

馬の背・沖合カメポイント

馬の背・沖合カメポイントは、青の洞窟から北の沖合にあり、エントリー場所から約150m程度の距離があります。沖合に向かって砂地を泳ぐと、幅5m強、全長100m以上も続くサンゴ礁の根があり、根の上はテーブルサンゴなどハードコーラルが広がっており、イソギンチャクやカクレクマノミなども生息し、真栄田岬ならではの綺麗な海中の世界を楽しむことが出来ます。また、餌場と休憩場を求めたウミガメも度々現れるポイントで、根の中間~東先端にかけてダイバーは殆ど来ないので、そこに行くと運が良ければ遭遇することあります。

ツバメの根・深場ハゼポイント

ツバメの根・深場ハゼポイントは、エントリー場所から青の洞窟とは逆方向に位置した場所にあります。エントリーの根に沿って西に30m程移動すると、そこから下の砂地まで35m程落ち込むドロップオフになっています。そこには、ダイナミックな地形のディープダイビングを楽しむことが出来、チンアナゴ、ヤシャハゼ、ヒレナガネジリンボウ、ホタテツノハゼなどが生息しており、また、根の横壁の間でウミウシが生息しているなど、カメラや生物好きのダイバーには人気ポイントです。このポイントは、中性浮力スキルが必要になります。

真栄田岬のダイビングは魅力がいっぱい!

真栄田岬のダイビングは、今まで味わったことの無い別世界を思う存分楽しめます。陸上では絶対に経験出来ない体験が出来、目の前を様々な魚が泳ぎ、日頃目にすることのない別世界が広がります。その世界を味わうには、真栄田岬のダイビングでしか経験することが出来ない貴重な時間と言うものがあります。また、ダイビングは全ての老若男女が楽しめるマリンスポーツでもあり、生涯スポーツとも言われていますよね。真栄田岬のダイビングも、10歳以上の方であればいつでも始めることが可能です。それに、定年退職後からライセンスを取得して、第二の人生をダイビングと共に楽しむ方も大勢います。他にも、ダイビングと言うのは、奥が深いスポーツでもあります。最初は「綺麗な海の世界や魚を見るだけ」「無重力感を味わってみるだけ」でも、とても楽しいアクティビティですよね。しかし、真栄田岬のダイビングで海の中を潜る程、色々な方向に興味・関心が広がっていきます。例えば、マンタ・ジンベイザメなどの大物を見てみたい、レア物を見たいと珍しい魚を求めるなど、それに出会う為に1日を費やすダイバーもいます。さらに、海中地形も真栄田岬のダイビングを楽しむ魅力です。水中では、自然が作り出す地形の素晴らしさや光のコントラストなど、その別世界を見ることが出来ることも楽しみの一つとなっています。

真栄田岬がダイビングでお勧めの理由とは?

真栄田岬は、ダイビングの楽しさが凝縮された場所として多くのダイバーに人気がある街です。他の地域では、濁った海であったり海峡が悪かったり、ダイビングの醍醐味を存分に味わうことは難しいです。しかし、真栄田岬にはダイビングスポットとして有名な青の洞窟があります。ここは、海峡が常に安定しており年中海の透明度も高く、ダイバーにとっても人気が根強いスポットです。また、友達や家族とダイビングを気軽に楽しめたり、ダイビング中級・上級者の方も楽しみに来たりするスポットでもあります。このように、ダイビング初心者~上級者まで、ダイビングの楽しい部分がギュッと詰まった場所なのです。それに、青の洞窟の様に洞窟に潜れるダイビングポイントと言うのは、数多くダイビングスポットはあっても、実は、滅多に無いレアなスポットです。例えそのようなスポットがあったとしても、体験ダイビングでは行けない深さであったり、ダイビングスキルを要したりします。そんな貴重なダイビング経験も、真栄田岬であれば初心者でもダイビング経験出来ることは特別なことでもあります。

まとめ

ここでは、真栄田岬でダイビングがお勧めの理由についてお届けしてきましたが、いかがでしたか?沖縄の観光名所として有名な真栄田岬は、ダイビングスポットとしても人気の高い場所です。真栄田岬には沖縄で最も人気の高い青の洞窟があり、そこには多くのダイバーが毎年訪れます。ダイビング初心者からベテラン上級者まで、ダイビングを楽しめる魅力あるスポットです。透明感溢れる海のブルー、真栄田岬の海に生息する珍しい海の生き物、真栄田岬の海でしか味わえない素敵な体験が人気を集める秘訣となっています。

トップに